山中が宮前

グルコースにアミノ基がついた糖の一種をグルコサミンと呼びます。
このグルコサミンは人間の皮膚や軟骨などにもペプチドグリカン、糖たんぱく質として含まれています。

グルコサミンは軟骨を形成し、末井減った軟骨を再生すると言われています。
そのため、最近はサプリメントの主成分としてグルコサミンが重要であると注目されているのです。

ヒジやヒザの関節痛は、年を取るにつれて誰にでも起こりうる症状です。
その原因の1つとされているのが軟骨のすり減りです。
軟骨は骨と骨の間でクッションとなってくれるため、曲げたり伸ばしたりといった動作がスムーズにできるようになります。
その軟骨がすり減ることで、こうした動作に支障が出てくることになります。
しかし今回はそれだけじゃあありません。なんと痛みを伴うことにもなるのです。

グルコサミンは軟骨の主成分の1つです。
本来グルコサミンは体内で生成される物質なのですが、加齢などが原因で新陳代謝が落ちてしまうと、十分な量を生成できなくなるようになります。
ですから、意識して積極的に摂取されるのが望ましいのです。

グルコサミンが軟骨の再生を促してくれるのは明らかになっています。
しかしではなぜ軟骨を再生することができるのでしょうか?

軟骨を再生するのには、プロテオグリカンという組織が要になっています。

プロテオグリカンは水分を保持する機能がある、軟骨内に存在する組織です。
この水分が軟骨に弾力を与えてくれているのです。
もしこのプロテオグリカンの機能がなくなってしまった場合、軟骨に弾力性がなくなってしまうのです。
そうなると骨と骨が直接当たるようになり、変形性膝関節症を引き起こす可能性が生じると言われています。

グルコサミンによって軟骨が再生される仕組みを説明しましょう。
まずグルコサミンを摂取することでコンドロイチン硫酸の合成が促進されます。
そうなるとプロテオグリカンの生成も促進されることになりますので、結果的に軟骨の弾力性が回復するという訳です。
痛散湯

グルコサミンの効果や効能はまだ評価がかたまっていないところがあるのです。
しかしこうした研究によって、科学的にも医学的にも効果が立証されていってくれることでしょう。

最近では、グルコサミンだけでなく、相乗効果の期待できるコンドロイチンやヒアルロン酸を一緒に摂れるというサプリメントがいろいろ販売されています。
もし興味をお持ちでしたら、試してみてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ