岩沢厚治だけどヘイポー

プロテオグリカンは生物や人間の身体のいたるところに存在します。
その働きはとても凄まじく、体内の細胞や組を維持して得るキャパシティーを持っています。
痛散湯

多くの細胞が集まってできた各種組にて私たちのボディはできてある。
但し細胞だけではバラバラになってしまいますので、組をかたちづくるには“補完剤”ものの付属が必要になるのです。

その補完剤にあたるものが「細胞外側マトリックス」と呼ばれます、
こういう細胞や組を笹テイル細胞外側マトリックスを形成しているのが、プロテオグリカンやコラーゲン、ヒアルロン酸なのです。

仮にプロテオグリカンが不足してしまうと、細胞がバラバラに崩れて組が機能しなくなってしまいます。
そうするとボディに各種いざこざが起こるようになってしまう。

つまり、プロテオグリカンは私たちの体のボディを維持するのに欲しい原材料という意義なのです。

プロテオグリカンのキャパシティーには、炎症を引き起こす免疫形態のバランスを整えるというものがあります。
そのため炎症を抑制して受け取る効果があるといった認められているのです。

そんな効果から、関節痛の抑制はもちろん、炎症が原因の1つである糖尿病やポッチャリといった外観を改善するのにも利用されるようになっています。

プロテオグリカンの大きい保湿技量は、ヒアルロン酸をも凌ぐと言われています。

こういう保湿技量を通じて、関節の軟骨に弾力と弾性を加え、骨って骨にかけてのバッファとしての働きを高めてある。
またうるおいをキープする結果素肌をみずみずしい通り保つ効果があるのです。

プロテオグリカンの付属や際立つ効果が確認されたのは、とっくからのことです。
但し抽出するのがやけに酷い結果、無名で割高物体としていました。
そのため一般製品には利用することができなかったのです。

但し近年になって、サケの鼻軟骨から高純度で高濃度のプロテオグリカンを抽出する技が開発されました。
それによって、何やかやば部門への利用が急速にすすむようになったのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ