智ちゃんでロングフィンレオパードダニオ

こういうインターネットブログを始めるようになって変わったこと。
それは、ボクが今まで引き続き追っかけでいたこういう作家の歌詞をどんどん激しく持論決める、理解したいって見えるようになったことでしょうか。

ようやく追っかけになったのは、当時の私の物悲しい経験からにあります。
それをここでわざとお伝えすることは、除けたいと思いますが。
でも、こういう作家にはなにか救いがあったり、歌詞にはっとさせられたり、といった生きていくために独りでにかかせない立場となっていました。

最近は当時のようにお忙しいせいか、歌詞カードをみて一心に訊くといったことがあまりできずにいたのですが、ここにきて見るようになりました。
そこで気になった曲がこういう曲。

全体的にほんわかした見た目の曲調なんですが、本当は凄いことを言ってるって今になってよくよく思うのです。

叶わないリクエストならかなぐり捨てちゃえば身軽だよ 知ってるわかってるんだけども しばし抱きしめていたいいえ

こういう文句なんてほんと、もはやキュンキュンやるぐらい好きです。
本音で言ってるし、それを丸々歌詞にやれるこの人、やはり才能あるんだなぁ。
十月が驚くほど短く過ぎて行ってしまいました。
ハロウィンが終わると、とっくにクリスマスなんですね。
この間、モールの傍を通り過ぎたら、とっくにとうにきらびやかなイルミネーションがほどこされていて、はたして日程が去るのは速いなぁと思いました。

昨今、私もさっと心変りがあって、以前まではかたくなに拒んでいたSNSに登録してみたりして、さっと触発を受けることも多くなりました。

おんなじ実習で、同じように勉強していたとしていた、近隣たちが、両者色んな地で頑張っている身だしなみを目にすると、ふと懐かしさという、自分も取りこぼしられない気分とばかりになってしまって。
そんな時に、はからずも思い起こしたのがやっぱりこういう歌でした。

ドケバイ化粧してた鍵ナンバーワンさえ日程が経ってみりゃジェントルマン

段階が苦しみってのを落とすならタイムマシーンに乗ってネクストジェネレーションにワープしたい

あの頃ここで見る近隣たちがこんな風になっていたですなんて誰が想像してたでしょう。
というか、逆に、ボクはタイムマシーンに乗ってワープしたのかもって映る間近、過去と昨今を考え違いしそうになりました。

今はもはやずいぶん会えないかもしれないけど、また会って現に話してみたいなぁなんて思います。
痛散湯

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ