私のダイエットしかたは、自転車を漕ぐ事です

現在28歳だ、自身が自分がこんなにも太かったなんてと思ったのは、25歳の時でした。
ズボンによってスカートが好きで、ずーっとスカートを穿いていたのです。
でもある時期、息抜きにスキニーパンツを穿いてみようとして、買ってみました。
直ぐ自宅へ帰って試しに穿いてみたのですが、ウエストはピッタリなのにふく陣はぎと大腿がピチピチなのです。
ひどく苦しくて、しゃがむって思わずスキニーが破けてしまうのでは、と思った間近でした。
次女に「スキニーパンツってこれ程ベッタリするんだっけ?」と聞くと「足分厚いからじゃない?」って返されたのです。
ラフファッションスカートばかりで判りませんでしたが、私の脚は凄く太かったのです。
昨今、あのときの雲行きを思い出しても「なぜ今まで気づかなかったんだろう」という前後でした。
腕やウエストはたいして太っておらず、はたして脚だけ太かったのです。
通称下半身太り過ぎはで、これ程脂肪がついてダルダルなのに、ダイエットできるかどうか、不安でした。
それでもTV等で激しくダイエット製品を目にしていたので、もしやオーケーかもしれないという抱腹絶倒自負もありました。
その理由は、好きな芸能人がダイエットしたというインターネットブログを載せていたからです。
私も頑張れば、あんな風に細かい脚に生まれ変われるかもしれない、という事がありました。
私のダイエットしかたは、自転車を漕ぐ事です。
どうしても脚の脂肪を落として筋肉にしようと思って、毎日ミニマム1時間は自転車にのぼり、サイクリングダイエットしていました。
自転車に乗れないお天道様は、状態を上ったり下りたりして、昇降行動を通していたのです。
他には、お風呂でマッサージしたり、ビューティーシェーパーというダイエット用の製品をつぎ込みました。
自転車は運動量が多い割にそれほど痩せなかったのですが、昇降行動といったビューティーシェーパーは効果がありました。
1ヶ月試して、ピチピチのスキニーがちょっとぶかぶかになりました。

ラ・クレンズ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ