関節痛予防にストレッチをマメにしています

俺が関節痛を発症したのは、31歳の時だ。
30歳の時にバドミントンを始め、年間以下くらいに右手膝が痛むようになりました。
簡単な支援をしたり湿布をしたりしましたが、痛みはいくらでも酷くなりました。
事態は、最初はバドミントンをしている場合右手膝にウェイトをかけた場合ズキっととする痛みで、バドミントンを通じていなければ気にならないほどでした。
それがやがてレジャーミドルの痛みもどんどん酷くなり、遊びなどで無理して動いた以下などは、ややちぎれそうなくらいの右手膝の痛みで、あるく時にも徒歩を引きずるくらいになってしまいました。
好みですバドミントンをやってしまうので、幾らか良くなっては痛みが悪化するという繰り返しになってしまっていました。
身の回りを送る上で、あるく時も鈍痛がありますが、ランクの昇り降りそうして自転車をこぐ場合膝を曲げるのが誠に痛くて、自転車に乗れない時期もありました。
関節痛だけではなく、右手膝に水もたまってしまっているようで、見たからにむくんでいて正座ができなくなってしまいました。
なので、おストアに入った状態など座敷だった時折苦労しました。
事前に卓を予約したりって、気を遣っていました。
最初は病棟で整形外科に行きましたが、関節痛は「バドミントンを終わりないと治らないよ」と言われ、湿布を出されて終わってしまいました。
それはそうですが、ともかくバドミントンをやりながらもこういう痛みをなんとかしてほしいというのが切実な請いだ。
近隣から作用専門の整形外科に行くといった良いと求められ、行ってみました。
そこは検査よりも炎症を起こさせないように右手膝の筋肉を塗り付けることに重きを置いて指導してくれる病棟でした。
炎症決め手の注射も1回で至極良くなり、後はひたすら筋トレ・ストレッチのリハビリを年間続けました。
その効果があり、炎症はほぼ治まったので、スキームとしては、事態を悪化させないためにホールド性の著しい支援を実行場合着用することと、膝を動かした後はしげしげと暖めるようにしています。
電子射程であたためるジェル状のものを膝に当てるのですが、これをマメにすることによって、明日には痛み・ダルさがいやに改善されている。
関節痛の炎症がひどくなると直るまで時間がかかるので、今は予防対策に力を入れてストレッチングもマメにするようにしています。

リョウシンJV錠

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ